> マンション売却で成功する方法!仲介業者を味方につける

マンション売却で成功する方法!仲介業者を味方につける

マンション売却を成功させるには契約する不動産業者がとても重要です。
どの業者と契約しても 同じ価格で売れるとは限りません。
もっと言うと、担当した営業マンによっても売却価格は異なると思った方が良いでしょう。

売却の成功・失敗は不動産業者(営業担当)が握っている!

マンションを売る際に一番重要なポジションにいるのが不動産業者です。
多くの方が仲介をお願いして売却を考えますが、
業者との良好な関係を築けるかがとても大事です。

業者は売主から依頼された不動産を仲介して売却して報酬(仲介手数料)がもらえます。
その為、売らない事には利益になりません。
どうしたら売れるのか?を考えて売主と物件に興味を持った方を
引き合わせて売却できるように販促活動をします。
もちろん売れなった場合は販促活動で動いた分がムダになってしまうので、
出来る限り、売る為の努力をする訳です。

一見、とても頑張って売ってくれるという感じがしますが、
気をつけて欲しいのは、売る事にしか頭がいってない業者の営業マンがいることです。

マンション売却での成功は物件が売れる事ですが、ただ売れれば良いわけではありません。

売主は愛着のある不動産を売るわけで、
なるべく高値で売りたいと考えて仲介業者に依頼しているので、
希望価格での売却、もしくは多少下がっても希望に近い価格を売却の成功と考えているでしょう。

業者が重要なポジションと言ったのは、
売主側に立つこともできるし、買主側に立つこともできるからです。
何を意味するかと言うと、業者によってどちらもコントロールが可能という事です。

(例) 売主は2580万円で売りたい。買主は2500万円で買いたい!

例のようにマンションを売ろうとした場合、
売主、買主で当然、希望する価格があります。
特に買主は予算がもう少しあったとしても必ず値引きできないか交渉はするので、
一般的な流れとして、買主の要望が通り易い傾向にあります。

値引き交渉自体は当たり前ですので問題ではありません。
何が言いたいかと言うと、

業者からすると、売主が値下げに応じて2500万円で売却しても、
買主がおれて売主の提示した2580万円で購入してもどちらでもいい
わけです。

この売主、価格下げてくれそうだなと思えば、
売主に「買主が2500万円なら買うと言っています」と提案して値下げをさせて売る。
この買主、もう少し予算あるし物件気に入っていたからなぁと思えば
値下げせずに購入を促す為、買主に、
出来る限り値下げしているのでこれ以上値下げは無理そうです。この価格でお願いできませんか?
といった感じで言い、値下げせずに売主の希望価格で売買契約を結んでもらいます。
このように業者はどちら側にもつけるんです。

その時々に応じて、立場を変える事ができるんです。
業者が重要なポジションにいると分かっていただけましたか?

ではどうするか?

営業マンによってコントロールされるのは現在の日本の不動産業界では防ぐことは困難です。
しかし、業者が売主にとってマイナスに動くことをなるべく避ける方法はあります。

仲介業者のコントロールから逃れる方法

どうしても立場上、仲介業者にコントロールされがちですが、
最低限、売却するマンションの相場を調べた上で
この額より下回ったら売らないという売却額を自分の中に設定しておきましょう。
なぜかと言うと、業者はうまくまとめて売買成立するのが目的ですので、
売却できる可能性がある方に動きます
もし、売主がこの額以下では売らないという意志が強いと感じれば、
買主の方にどうにかこの額でという提案をします。

頑なになりすぎると、売れなくってしまいますが、ある程度、
相場と照らし合わせた上での価格であれば業者も味方として動いてもらえるでしょう。

なるべく高く売るなら仲介業者を味方に!これほど心強いものはない!

相場を調べるなら一括査定が便利!!

COPYRIGHT© 2014 マンション売却を後悔しないで高く売るための方法 ALL RIGHTS RESERVED.