> 不動産・マンション購入はここが狙い目(エリアターゲット)

不動産・マンション購入はここが狙い目(エリアターゲット)

アベノミクスによる不動産価格上昇

アベノミクスによる経済政策により株式市場があたたまり、
インフレ期待から不動産市場の回復も鮮明になってきました。

平成26年地価公示が国土交通省から発表では、地方圏は住宅地、商業地のいずれも
四分の三の地点が下落したものの、三大都市平均で住宅地・商業地ともに上昇転換が発表された。
三大都市圏の住宅地の二分の一の地点が上昇、商業地の三分の二の地点が上昇した一方で
地方圏は住宅地、商業地のいずれも四分の三の地点が下落しました。
まさに首都圏不動産ミニバブルの再開であります。

この首都圏における不動産上昇の動意として、ビックニュースの東京オリンピックの開催決定もあり、
人気のエリアは現在も東京中央区・千代田区・港区等、首都圏特に都心臨海部集中し急騰し、
周辺の相場まで動き始めました。

また地方圏は住宅地、商業地のいずれも下落した事でわかるように、
逆ドーナツ化といわれる、都心に向かい人が集まり、
都心から離れた場所の人口の下落が懸念材料になってもいます。
では今後今人気のエリア以外に期待のできるエリアはどこなになるのか考えてみます。

再開発と商業施設が住居系用地の人気を牽引

昨今の不動産の価格上昇の決定事項は再開発案件が目立ち、
住居系用地は開発のあるところに人気が偏る傾向は変わりません。
また交通アクセスが著しく改善した駅(新線の電車の乗り入れが変わった等)、
新駅の再開発または駅前再開発でマンションが増えた等、
新たに人口が増加するとその為の複合商業施設が誘致されます。

また商業用地に関しても新橋虎の門ヒルズ周辺にもすでに兆しが出ている。
都心は今年も需要過多の供給不足が重なり不動産市場は明るいことを予測します。

簡単にポイントを整理すると、

  • 交通アクセスが良好で、大規模な開発があるエリア
  • 商業施設の誘致された利用人口増加エリア

この二つの観点が今までの極端な上昇エリアの特徴です。
代表例)都心三区(中央区・千代田区・港区)豊洲晴海地区 新橋・虎の門エリア等
単純に①と②の要素が絶対要件というわけではないですが、あくまで傾向です。
ほかに要素はないか何か該当しないか?を考えます。まず住居系の必須要件として重視されるのが、

・生活環境・治安・
・教育施設・医療施設、都市インフラ、商業施設利用、公園
・交通アクセス・通勤利便性・交通コスト

これから注目のエリアは

これらの要素を加味して先程の再開発と都心の逆ドーナツ化を差し引いて注目するエリアは以下です。

今年の注目エリアとしては上がるのは当たり前ですが、
都心部では新駅の構想がある品川~田町駅周辺、
駅前再開発で住居系が増えた新宿駅から西新宿駅周辺、
渋谷駅前開発と共に用地の実需が多い恵比寿~渋谷~明治神宮駅にあたる明治通り周辺、
また都心隣接で中野サンプラザが取り壊しになり駅ビル再開発が期待される中野駅前周辺、
東京周辺はすでに高くなっていると思われますが。
また昨年同様、近年高層マンションのメッカとして確立しつつある武蔵小杉駅周辺、
そして西口駅ビル構想が固まった横浜駅周辺も羽田方面の新線構想があり楽しみなエリアになります。

COPYRIGHT© 2014 マンション売却を後悔しないで高く売るための方法 ALL RIGHTS RESERVED.