> マンション売却は大手・中小(地元)どちらの不動産業者にお願いすべき?

マンション売却は大手・中小(地元)どちらの不動産業者にお願いすべき?

自分の不動産を売却する時に大手業者にお願いするのか中小の業者(地域・地元密着型)にお願いするのか?
とても迷うところです。売買を得意としているのであれば、
大手であろうが中小であろうが それほど違いがないと思います。

しかし、それでも何か決め手がないと選ぶのは難しいですね。
「大手の方が絶対いい」「中小の方が親身になってくれていい」など
両方の意見も聞かれるので 本当に悩みどころです。

大手不動産会社に任せた場合のメリットを考える

大手不動産会社に仲介をお願いすることで、
大手ならではのネットワークを駆使した販促活動をしてくれます。
店舗も沢山あるので、買い手になり得る方の情報も集まりやすく成約に至る可能性は高くなるでしょう。

もちろん大手ですので信頼感は中小に比べると高まりますし、
大手にお願いする人が多い事、売却物件が多く集まる事で、必然と購入したい方も
多く集まので中小とは比べられないデータ量が蓄積されます。

中小の不動産会社のメリット

中小は大手に比べて、地域(地元)密着型が多いので、
購入エリアに強い不動産業者であれば、エリア独自の情報を持っていたり、
長年勤めている営業マンがいたりするので、地元ならではの売れるノウハウが蓄積しています。
大手に比べて担当している案件が少ない傾向があるので、
中小の方が親身になって営業してくれるでしょう。

中小のメリットは地域情報が多く集まるという事です。
例えば、子供がいる方が中古マンションの購入を考えた場合、
子供の学校(学区)の事もあり、同じエリアで探すでしょう。
そのような情報はどうしても地域不動産の方が集まりやすいですね。
そうすると、同じエリアでマンションを売却しようと考えた場合には
中小の不動産会社の方が良かったりします。

どっちを選ぶべきなの?選ぶポイントは?

マンション売却において、売主が大手でも中小でも
媒介契約(専任媒介、専属専任媒介)を締結した際にはレインズ(不動産流通機構)に
売却する不動産の情報を登録する義務があります。
レインズに登録された物件は全国の不動産会社が見れますので、
どの不動産会社でも買い手となるお客さんが現れたら紹介することが可能です。

その為、大手でも中小でもレインズに掲載されている物件は紹介でき、
条件は同じですので、昔のように大手と中小の違いが少なくなっているのは確かです。

※レインズの閲覧は宅建の資格がある不動産業者しか見る事ができません。

大手と中小のメリットを紹介しましたが、これはあくまで上記のような傾向があるという事です。
結局の所、大手に頼んで良かった!中小に頼んで良かった!と思えるのは売却が成功した時の話しです。

大手にせよ、中小にせよ、結果次第では頼まなければ良かったとなってしまいます。

大手が良いのか中小が良いかは、売却するマンションによっても異なるので、
両方ともに話しを聞いて、どういった販売戦略で行くのかなど事前に聞いてみたりすると良いでしょう。

販促戦略はもちろん重要ですが、実際には価格次第では
簡単に売れたりします(例えば相場よりも安くすれば)。
ですが単純に売れれば言い訳ではないと思いますし、高値で売却をしたいはずですので、
大手業者、中小業者の査定額も参考にすると良いと思います。

査定はとても不思議で、多くの業者が、取引事例比較法と言って、
売却する不動産と同じような不動産の価格と比較して査定する方法を
使って査定額を出すのですが、業者によって査定額が異なります。

その為、必ず数社査定依頼することが大事になってきます。

査定額や販売戦略、担当者との相性など、自分の中で良いと思った方にお願いしましょう。

COPYRIGHT© 2014 マンション売却を後悔しないで高く売るための方法 ALL RIGHTS RESERVED.