> マンション売却に必要な期間はどれくらい?

マンション売却に必要な期間はどれくらい?

マンションの売却の際には、もちろん売れるかどうか?売却価格はいくらなのか?など
気になる事が多く出てきますが、売却期間について気になる方も多いのではないでしょうか?

住み替え等で次に住む新しいマンションがすでに決まっている時もありますので、
期間を考えて売却する必要があり、気になる所です。

マンション売却の期間は平均どのくらい?

マンションを売却する平均期間ですが、一般的には3ヶ月程度と言われています。
ですが、実際の所、売却物件の仲介をした営業担当者によっても変わってきたり、
物件によっても期間は異なってきます。

当然ですが、物件のスペックが良い場合、販売開始して短期間で売れる事もあったり、
価格によってもすぐに売れたりします。

その為、一般的には平均3ヶ月程度で売れるとなっていますがケースバイケースと考えておく。

3ヶ月という期間でマンションが売れると言われる理由もある。

売却期間はケースバイケースですが、3ヶ月でマンションが売れると言われる理由もあるので紹介しておきます。

マンションを売却する時は当然ですが不動産業者と媒介契約を締結して仲介してもらう事となります。
媒介契約についてはマンション売却するなら一般?専任?専属専任?不動産屋との媒介契約はどれがいいのか?を参考に。

この媒介契約ですが、多くの場合、専任媒介という種類の契約を締結するのですが、
その契約期間が3ヶ月です。何を意味するのかと言うと、契約を結んだ仲介業者は
契約期間である3ヶ月以内にマンションを売却すれば、売主から仲介手数料がもらえるので
その期間内で販促活動をしてどうにかマンションを売るように努力します。
当然売れなった場合は、業者の利益はゼロ...。

その為、利益になるように売る為の戦略を練るので、3ヶ月程度で売れると言われています。
もちろん、マンションによって3ヶ月以上かかる事もありますが...。

もしマンションを出来る限り高く売りたいなら、最低3ヶ月~6ヶ月くらいの期間を考えておく

仲介業者との契約が3ヶ月という話しをしましたが、
なるべく高く売りたいと考えているなら、最低でも3~6ヶ月ぐらいの期間を
持てるように予定を調整しておくべきかと思います。

これは、高く売れるまで待つという意味ではなく、
売主が納得できる価格で売りましょうという意味が込められています。

期間が限られてしまうと、どうしても値下げという方向で決着してしまいがちです。
購入検討者はほとんどの場合、価格交渉をしてきますので、
納得できる価格でない場合は売却しないという選択肢も残しておくと余裕がでます。
期間が短いと、新しく買主が現れるかどうかも心配になりますし
安くても不安の方が勝ち売ることになりかねません。

そうならない為にも期間に余裕をもって売却戦略を練ることもお勧めします。

売却期間に関係なく、早めにマンションの査定しておく事が大事

売却期間が長く取れる方も期間がすでに決定している方も、
なるべく早めにマンションの査定をしておく事をお勧めします。

すぐに売る必要がない場合でも、
所有マンションがいくらくらいで売れるのか
知っておかないと、売る?売らない?にも関係してきます。

また、もし、現在売り出している方でも、売れていない場合は価格の問題もありますが、
業者が担当営業マンに原因がある事もあります。
業者を選択する意味でも一括査定をしておくと業者間に競争が生まれますので
今後の販売活動において高く売ってくれる戦略を持った業者を選択するのに役立つかと思います。

↓↓↓高く売ってくれる戦略を持った業者を選択するなら一括査定が便利ですね。↓↓↓

COPYRIGHT© 2014 マンション売却を後悔しないで高く売るための方法 ALL RIGHTS RESERVED.