> 田舎の家や土地を売る!こんな失敗してほしくない!

田舎の家や土地を売る!こんな失敗してほしくない!

古くなっている田舎の家!知らないと売りたくても売れない不動産に!

田舎の家や土地を売る場合、気をつけておかないと失敗する事があります。
戸建てなのかマンションなのかによっても異なりますが、今回は田舎の場合ですので、
古くなった一戸建てについて説明します。

一戸建てなので土地とウワモノ(建物)がもちろんありますが、
建物は時間の経過とともに価値がなくなっていく事はご存知の通りかと思います。

インターネットなどを見たりすると、古くなった建物に関しては
価値がない場合が多いので、解体してからの方が
売りやすいと書かれている事があります。

それは考えてみると当然の話しで、もし自分が戸建てを建てる土地を探している場合、
いい土地があったとしても、そこに古い建物が立っていたとしたどうでしょうか?
自分の一戸建てを想像しずらくありませんか? 更地の方が何もない状態なので、
新しい家を想像しやすく、家族と楽しく過ごす情景を思い浮かべて
この土地を購入したい等と考えやすくなりますよね?
なので建物を解体して更地にしてから売った方が良いと考えるのも普通の事なのです。

しかし、それは物件の状態によっても違ってきますし、地域、場所によっても異なります。

というのも、土地によっては、家を建てられない場合があるからです。

家を解体して更地にしてしまうと売れない原因になる可能性がある

さて家を解体したが故に売れない不動産となってしまう事がある事をご存知でしょうか?
どういうことかと言うと、建築基準法で幅4メートル以上の道路に接していないと
家を建てる事が認められていないのです。
幅4m未満の道路の場合は道路の中心線から2mは道路扱いになったり、
道路に接する幅が2m以上ないと新築できなかったりなど決まり事がある訳です。
詳しくはまた書きたいと思いまが、いわゆる再建築不可物件と言われている物件です。

再建築不可物件を解体してしまうと家を建てられたなくなってしまうんです。
田舎の家の場合、道路に接していない土地も沢山ありますよね。
そういった場合、見晴らしがいいとか、土地の場所を気に入ったとしても、
購入しても家を建てられないので売れないんです。
現在すごく問題になっている空き家問題もこういった再建築不可物件の影響であったり、
古く誰も住んでいないとしても家がある事で固定資産税の優遇措置が
受けられるのも原因の一つと言われています。

ではどうすれば不動産を売れる可能性が少しでも残るのか?

解体したから売れる場合もありますが、上記のように道路に接していない
物件の場合は解体せずに家は残しておいた方が売れやすいんです。
家があったとしても再建築不可物件の場合は建て替えできないから
売れないんじゃないの?と思ってしまいますが 、
売主的にはもう価値のない建物だから解体したいと考えたとしても、
買主側が同じように考えるかは別の話しで、古くてもいいし、
自分でリフォームしたいという方もいますし、中には、再建築不可物件と
分かった上でそういった物件の方が安く買えるのであえて希望する方もいます。

また、壊さずに、スーパーリフォームという形をとれば、
新築物件同様に形をかえることができたりします。
スーパーリフォームは、現在の古い家の柱や梁、基礎を残して
ほぼ全てを改修する大規模リフォームの事で、
原型がまったくわからない新築のような物件に変えることができます。

これは家があっての事なので、解体してしまうと選択肢がなくなってしまいます。

もう分かっていただけたと思いますが、
不動産を購入しようと考える人は様々で売主が考えもしないところが
購入希望者にとってはとてもメリットとなる場合があります。
売る場合は解体せずに建物を残して売りに出しましょう。

田舎の家を売る為に必要な事

上記で更地にせずにと言いましたが、中には更地を希望している方も当然いますので、
そうの場合は解体費用などがかかってくる事を頭に入れておきましょう。
解体費用を調べておくと、買主が値引き交渉をしてきた時に役立ちます。
解体費用は「解体無料見積ガイド」の一括査定を利用すると簡単です。

また、売る、売らないにしても「いくらで売れる」のかを
把握しないとはじまらない事もあるので、
建物ありの状態で不動産の一括査定をしておきましょう。
複数の不動産会社に査定依頼をして不動産の相場が比較でき、
媒介契約を結ぶ際の業者選びにとても役立ちます。

COPYRIGHT© 2014 マンション売却を後悔しないで高く売るための方法 ALL RIGHTS RESERVED.